最新の豊胸手術・バストアップ方法を徹底比較

話題の豊胸手術のコスパや安全面や口コミを徹底比較!

女性にとってバストの豊かさや形というのは気になるものです。一般にバストが大きく美しい形である女性が魅力的であるという風潮により、テレビや雑誌などでもよくバストアップ方法がとりあげらています。 バストの悩みは人それぞれで、多くは「胸が小さい」「授乳後に胸が下に垂れてしまった」などの悩みが多いようです。ですが、胸の豊かさや形はスキンケアやダイエットなどと違って思うように理想的な状態にはならないものです。 豊胸手術は、麻酔を使用する切開手術であり、バッグ挿入法では人にとって異物であるシリコンバッグを体内に挿入する方法です。

    従来は、麻酔の危険性やバッグ破損のリクスが高くトラブルも絶えませんでしたが、近年では美容外科手術の技術向上とバッグの性能が飛躍的に向上したためトラブルが劇的に軽減されています。

豊胸手術に対応している美容外科・クリニック検索



豊胸手術はシリコンバッグ挿入法と脂肪注入法がメイン

豊胸手術の種類

豊胸手術には大きく分けてバッグ挿入法と脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法の3種類があります。 シリコンバッグ挿入法はワキの下などの目立たない部分を切開してシリコンバッグを挿入してバストアップできる方法です。シリコンバッグ挿入法は切開手術で体内に異物を挿入する方法であるため、術後のアフターケアや注意点をよく理解する必要があります。

まずはここから知っておこう!豊胸手術のシリコンバッグ挿入法とは?

2019.06.27

脂肪注入法は、自分の脂肪を太ももやお尻などから吸引して、その脂肪を安全な状態にした後、それを胸に注入する方法です。この脂肪注入法は、自らの脂肪を使用するため安全性が高いといわれていますが、実際には注入した脂肪がしこりになる可能性があることなどの問題点があります。

豊胸術・脂肪注入法とは?メリットデメリットなどシンプルに解説!

2019.06.27

また、その他にもヒアルロン酸注入という方法や、エステなどでは光豊胸といって特殊な光を当ててバストアップを促す方法もあります。

ヒアルロン酸注入法とは?メリット・デメリットや気になる豊胸効果を解説!

2019.06.27
    豊胸手術で胸を大きくするためにはさまざまな方法がありますが、一番重要なのは自分に合った豊胸手術・バストアップ方法を選ぶことと熟練されたドクターを選びリスクの少ない施術を行うことが大切です。

豊胸手術・バストアップ方法の比較

豊胸手術・バストアップ方法の比較

胸を大きくする代表的な方法について、効果・持続性・安全性・価格で比較してみましょう。それぞれメリットデメリットがありますが予算やどのくらいのサイズアップを狙っているのかによって選択肢は大きく変わってくると思います。

バッグ挿入法 脂肪挿入法 ヒアルロン酸 サプリメント
効果

直接バストにシリコンを入れるので効果や即効性はある

自分の体から脂肪を移植するのでバストアップ効果は期待できる

ワンサイズからツーサイズのバストアップ効果は見込める

継続して飲まないと効果が期待できないケースが多い

持続

トラブルがない限り半永久的にバストをキープ

脂肪が上手に定着すれば半永久的にバストを維持

基本的に1年程度で体内に吸収されてしまう

効果に個人差があり科学的根拠が乏しい

安全

施術経験の少ないクリニックでのバッグ挿入は危険

入れる位置や量が難しいのでクリニック選びが重要

挿入する針も細く人体の影響も少ないので比較的安全

エストロゲンの適量が把握できないケースもあり危険

価格

 

70~120万円

 

 

100~150万円

 

 

10万円〜

 

 

5,000円程度

 

    シリコンバッグ挿入や脂肪挿入は、価格だけではなくドクターの経験が重要になってきます。また、気軽にワンサイズ程度胸を大きくする場合はヒアルロン酸挿入がリスクも少ないでしょう。そしてバストアップサプリメントに関しましては、効果に個人差があり女性ホルモンが過剰に分泌され健康被害という思わぬ落とし穴があるのも覚えておきましょう。