脂肪注入法の術後アフターケアと注意点とは?

脂肪注入法の術後アフターケアと注意点とは?

豊胸術・脂肪注入法は、バッグ挿入法と同様に適切なアフターケアが必要です。

豊胸術・脂肪注入法 術後のアフターケア

過度な運動や労働は控えて安静にする

脂肪注入法はバストに脂肪を移植した状態であり、すぐには生着せず術後は不安定な状態が続きます。注入した脂肪にも血管が行き渡り、正常な脂肪細胞として定着するまでの間は、バストをマッサージしたり過度の運動によってバストを揺らしたりしないようにします。また、手術後は安静にできるように仕事も数日間は休める状態にしておくと無難です。

抜糸するまでは入浴禁止

感染防止のために、手術当日から1週間は入浴を控え、通常は抜糸するまで入浴は控えます。シャワーの場合術後2~3日後にできますが、その際は脂肪吸引の傷口部分を保護します。

喫煙や飲酒は控える

たばこや過度な飲酒によって体内の血行が悪くなったり体調が悪くなると、術後のダウンタイムが長くなることや、感染症などのトラブルなどを起こす可能性があります。

十分に栄養摂取してしっかり睡眠をとる

術後は感染症予防のために十分に栄養を摂取して十分な睡眠をとり、免疫力が低下しないようにします。また、手術前からも十分に栄養摂取すると術後の経過が順調に進みます。

術後から1年間はダイエットしない

脂肪注入後にダイエットすると、注入した脂肪から落ちて生着せずにバストがサイズダウンしてしまうことがあります。術後から半年~1年程度は減量はしないようにしましょう。

乳癌検診時には脂肪注入していることを医師に告げる

豊胸術・脂肪注入法には注入した脂肪の一部が定着せずに石灰化してしこりになる問題点があります。その石灰化したしこりは、乳癌検診で一般的に行われるマンモグラフィー検査というレントゲン撮影ではガン細胞なのか石灰化したしこりなのかを見分けることが出来ません。そのため、乳がん検査前には必ず脂肪注入していることを医師に伝える必要があります。