シリコンバッグの表面の違い!テクスチャードタイプとスムースタイプとは?

シリコンバッグの表面の違い!テクスチャードタイプとスムースタイプとは?

豊胸手術バッグ挿入法は、従来は必ず術後のマッサージが必要で、これは術後に被膜拘縮という現象が起きるためで、バストの柔らかさを維持するためにはマッサージが不可欠でした。近年では、術後のマッサージ不要といわれるタイプのバッグが登場しています。

被膜拘縮(カプセル拘縮)とは?

被膜拘縮とは、バストにバッグを挿入すると必ず起こる現象で、体内にバッグのような異物が埋め込まれると、体の免疫反応によりそのバッグの周囲に被膜(コラーゲン繊維の膜)ができて、厚く硬くなります。 この現象が被膜拘縮で、バッグ全体がカプセルのように被っているような状態になることからカプセル拘縮とも呼ばれます。この被膜拘縮が豊胸バッグ挿入法の問題点の一つで、この現象を極力抑えることが理想的なバストの仕上がりを実現するポイントとなります。

バッグ表面の膜のタイプ

スムースタイプ

スムースタイプは、表面がツルツルした豊胸バッグが開発された当初からあるタイプのバッグです。スムースタイプを使用すると被膜拘縮を最小限に抑えるため、通常は手術後早期から3~6ヶ月に及ぶマッサージが必要になります。バッグ(インプラント)がバスト内で自然に動けるようにするために、マッサージが必要な期間を過ぎてもある程度はマッサージを続けたほうが良いと思います。 表面がサラサラしているため、表面がザラザラしているテクスチャードタイプよりは、マッサージの際の痛みが少ないです。美容外科によっては、テクスチャードタイプのバッグよりもスムースタイプのバッグを推奨しているところもあり、アメリカでは大半がスムースタイプのバッグだといわれています。

テクスチャードタイプ

テクスチャードタイプは、表面がザラザラしたタイプのバッグです。テクスチャードとは加工されたという意味で、表面に特殊加工することによって、手術後の被膜拘縮を防ぐといわれています。被膜拘縮は免疫反応により術後のバッグ周囲が硬く厚くなる現象で、術後にはバストが硬くならないために3~6ヶ月のマッサージが必要でした。 テクスチャードタイプのバッグは被膜拘縮を起こしにくく、術後のマッサージも不要だといわれているため、近年の豊胸手術で使用されることが多くなっています。ただし、一部のデータによると被膜拘縮が起こる可能性はスムースタイプと変わらないというデータもあります。 また、医師の判断や個人差がありますが、どんなタイプのバッグでも術後のマッサージが必要であるという意見もあります。ただし、術後早期にマッサージすると表面がザラザラしているため痛みが強いことや、内部出血を起こしてしまうこともあります。 テクスチャードタイプのバッグは表面がザラザラしているため、施術には技術を要します。

バッグ表面膜の素材はシリコン製

豊胸バッグの多くは、外膜がシリコン素材で作られています。シリコンを人体内に入れることは膠原病やリウマチなどの症状を引き起こす可能性があるとして、1992年にFDA(米国食品医薬品局)に使用・販売禁止命令が一時的に通達されましたが、その後にシリコンの安全性が保証され、再びシリコン製の豊胸バッグが使用・販売されています。 安全性が保証されても懐疑的なイメージがありましたが、近年ではシリコンは人体にとって安全だという認識が一般的であるため、シリコン素材を人体に入れることに神経質になることはないと思います。